2021年04月20日

散歩にて


私の散歩コースで、ときおり見かける年配の男性がいます。
ベンチに腰かけ、イヤホンをつけて熱心に本を読んでいます。
本のサイズやチラと見えた中身から推測するに、英単語帳のよう。
同じ場所でお見かけするので、ほぼ毎日そこで勉強しているのかも
しれません。

年配の方に英語を教えたこともあるので、つい自分の生徒さんの
ような錯覚を覚えてしまい、声をかけたくなってしまいます。
「今日も頑張ってますね!」「どこまで進みましたか?」
「何か質問はありませんか?」
もちろん声をかけることはしませんが、気持ちだけ超おせっかいに
なっています(笑)

先日お見かけした時には、それまでの本よりも少し大きいサイズの
本に変わっていました。
「あの単語帳、やり通したんですね。素晴らしいです!これからも
 頑張ってください!」
・・と言いたいのをぐっとこらえ(笑)、心の中で話しかけました。

すべては私の妄想かもしれませんが、彼の姿を見るたびに元気づけ
られています。
コロナ禍で色々と不自由ですが、自分も自分のできる精一杯をやろうと
改めて思いました。


posted by しゅ at 10:32| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
日本語もおぼつかなくなってきました、私。
頑張れるのはいいことだ。
Posted by TACK at 2021年04月21日 13:31

>TACKさん

仕事も勉強も、家以外でする方がはかどりますね。
コロナ禍でなければ、お茶の水の某所に入りびたれ
るのに・・などと思ったりもします(笑)





Posted by 手塚朱羽子 at 2021年04月21日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: